補助金制度の利用について

補助金制度の利用について

太陽光発電の普及促進のための補助金制度が有りますので、これを上手に利用することで資金的な負担が抑えられます。

 

この補助金を利用するには決められている幾つかの条件を満たしている必要が有ります。

 

補助金制度が復活してから急速に太陽光発電の装置を導入する人が増えております。

 

太陽光発電は未だに高価なものですから補助金を上手に利用して負担を軽くするほうが賢明でしょう。
太陽光一括見積り

 

この補助金制度は国と各都道府県・市区町村で受けられますが国の補助金制度以外は各自治体によって異なりますので自分の住居のある役所に問い合わせて確認する事をお勧めします。
太陽光発電の装置を設置するには太陽光発電装置の販売と設置を行っている販売施工業者に依頼しますが、大抵の場合はこの業者が補助金の申請代行も行ってくれます。

 

また。実際の太陽光発電装置の購入と見積を行うと同時に補助金についての金額や情報もくれます。
「平成24年度の国の住宅用太陽光発電システムの補助金制度」

 

申込期間:平成24年4月下旬〜平成25年3月下旬

 

この補助金の交付を受けるには下記の条件を満たしている必要が有ります。
1、 一定の品質、性能がメーカーのサポートなどで一定期間確保されているもの。
2、 変換効率が一定の基準を上回っているもの。
3、 システムの価格が550,000円/以下{税抜き}又は、システム価格が475,000円/以下{税抜き}で有る事。
◆交付価格の(例1):補助金額30,000円/kw「システム価格55万円kwのもの」
太陽光発電システム価格が55万円/kwを5kw設置した場合の交付金額:150,000円
◆交付価格の(例2):補助金額35,000円/kw「システム価格47.5万円kwのもの」

 

太陽光発電システム価格が47.5万円/kwを5kw設置した場合の交付金額:175,000円