成長ホルモンが鍵を握る!

成長ホルモンが鍵を握る!

乳酸が溜まりやすく、成長ホルモンが大量に分泌されるというのは、ハードなトレーニングをしたときと同じような状態で、それを人工的に作り出すのが加圧トレーニングの仕組みなのです。成長ホルモンの分泌量は安静時の290倍とされています。

 

 

 

 

成長ホルモンは文字通り、人間の体が成長する際に、骨格を大きくしたり細胞を活性化させたりする役割をするホルモンで、誕生後から思春期までに多く分泌されています。

 

 

 

思春期を過ぎ完全に成人すると、成長ホルモンの分泌は減少、つまり老化が始まるのです。言い換えれば成長ホルモンは「若返りのホルモン」であると言えます。

 

 

 

成長ホルモンは夜の10時から翌2時までの就寝中に多く分泌されるといいますが、年を重ねるにつれて成長ホルモンを作り出す力自体も弱まってきます。
 

 

しかし加圧トレーニングの場合は、体に圧力をかけるだけで人工的に成長ホルモンを分泌させるので、とても驚くぐらいの体の変化を感じることができますよ。