成長ホルモンの働き

成長ホルモンの働き

成長ホルモンが活発になるのは、夜、寝ている間におこります。この成長ホルモンは、文字どおり成長するためのホルモンを分泌することで、発育をよくします。

 

 

 

睡眠を十分にとると、翌朝、お肌の調子がよかったりするのもこのような理由からです。もうひとつの働きで大きなものでは、代謝をアップするという機能を持っていることです。

 

 

 

 

代謝があがることで、食べたものを消化する機能が強くなり、太りづらくなります。さらに脂肪を燃焼しやすくなり、脂肪分を減らすこともできるのです。

 

 

 

成長ホルモンは、この2つの大きな働きによりできています。そして、この成長ホルモンを上手く活発化させる手段として、いま話題の加圧トレーニングがとり上げられています。

 

 

 

成長ホルモンは、活発化すると加圧していない部位にも血流を循環させてくれます。そうすることで、全身に酸素が行き渡り、疲れを感じなくなるのです。

 

 

 

このように成長ホルモンの働きにより大きな効果がもたらされているのです。